枕の素材は何がいい?オススメはどれ?

睡眠にこだわる人は、枕や寝具にこだわりますよね。

お気に入りの枕を使って、日々の疲れをしっかりと休めていきたいもの・・・。
私も肩こりや寝違えが頻繁なので、枕探し中です。

枕が変わると眠れないっていう人も多いですよね。
そういえば、ママ友の旦那さんは枕にこだわっていて、出張にも枕を持参するので、
国内でも海外出張並みの大荷物で常に大きいスーツケースを持って行かれていました。

お気に入りの枕の選び方について考えていきましょう♪

素材はどんなものを選ぶ?

まず、枕の素材には色々なものがあります。
ポリエステル綿

綿のような感じの人工繊維になります。枕だけでなく、クッションの中綿としてもよく使われていますよね。
ふわふわとしている枕が好きな方におススメです。

羽根

水鳥の羽根を使った枕になります。ふんわり柔らかな独特の感覚があります。
通気性がいいので、夏は涼しく、冬は暖かくというメリットがあります♪

枕の中から羽根が出てくることが玉にきずでしょうか・・・。

スノー低反発

低反発枕、って人気ですよね。ギュッと抑えるとまとまって、ゆっくりと元に戻っていきます。
ウレタンを細かくしたものになります。雪のように柔らかいのでスノー低反発と呼ばれます。

フィット感があるので、頭の位置を落ち着けて眠りたい人にオススメですね。

・低反発ウレタン

スノーと似ていますが、ゆっくり沈んで、じんわりと元に戻るウレタン枕も人気です。
フィット感を求める方にオススメです♪

ビーズ

小さな発泡スチロールのつぶつぶのような素材になります。
ビーズクッションも流行っていましたよね。
独特の感触にハマってしまう人も多いそうですよ。

・そばがら

昔ながらのそばがらの枕。そばの実の殻を乾燥したもので、おばあちゃんちにある枕、というイメージでしょうか。

そばがらの枕って、私も使ったことがありますが固くてしっかりとしていますよね。
古くなってくるとそばがらが出てきたりするのが気になるポイントかもしれませんね。

・パイプ

ストローを短くしたような形のパイプがたくさん入っている枕があります。
形や大きさがそれぞれ違っているものもあります。
固めの枕が好きな方は愛用者も多いです。

また、通気性がよく、水洗いができるというのも嬉しいところです。
寝る時に頭を枕にうずめるとちょっと音がする感じが気になる人には気になるのかな?と思います。

素材だけでもたくさん

枕の素材を選ぶだけでも大変!と思うかもしれませんが、
実際に手に取って感触を確かめてみると、自分の好みのものが見つかるでしょう♪