枕の高さについて考える!一番良いのはどのくらい?

枕って考え始めると、とっても奥深いものです。

眠りの質を左右させると言っても過言ではない!というくらい枕って重要。

今回は、枕の高さってどのくらいがちょうどいいのかについて考えていきましょう♪

枕の高さってどのくらい?

枕は高いのが好き♪いやいや低い方が好き♪と個人の好みの差もありますが、
高すぎても低すぎても体に負担がかかってしまいます。

枕が高すぎると・・・

枕の高さが高すぎると、肩こりや首に負担がかかって痛くなることがあります。
また、首のシワにつながってしまうこともありますので、女性には気になるところです。

枕が低すぎると・・・

反対に枕の高さが低すぎると、頭に血がのぼったり、浮腫みの原因になることも。
なにより、安眠の妨げにもなるとされていますのでやはり低すぎる枕も考えものです。

適切な高さって?

枕を使う時には適切な高さが必要になってきます。
仰向けになって寝る場合、立っている状態と同じ姿勢になるくらいの高さが目安になります。
わかりにくいかもしれませんが、高すぎると顎が下がってしまい、低すぎると顎が上がってしまいます。自然な状態になれるように、というのを意識してみましょう。

横向きで寝る場合は、横になった時に頸椎の高さと頭の高さが同じくらいになる高さがよいでしょう。

枕を使っていて肩がきちんとついていますか?浮いている様であれば高すぎかもしれません。
枕の中にあたまがハマっていることも大切です。

好みの高さは人によって違う

同じような体型の人がいたとしても、人によって好みが違います。体型や性別によっても様々です。
その人によって、最適な枕は違う、ということになります。
自分の好きなポジションを見つけることがやはり、安眠につながりますよね。

高さよりも素材重視という人もいるでしょう。あれこれ説明がありますが、結局は自分が好きなものが一番、ということなのかもしれません。

自分に合う高さがイマイチ分からないなぁ・・・という方は市販の枕で、高さを調節できる枕も販売されていますので、選ぶ際の参考にしてくださいね。

他にも、枕が低い場合は、下にタオルを敷くことで調節できます。
反対に高い場合は、肩の方にタオルを敷くことで高さを合わせていくことができますよ。

枕は、高すぎても低すぎても、ぐっすりと眠ること、眠りの質を上げることができません。
自分に合ったものを見つけて、心地よい眠りにつくことができるよう、色々試してみましょう♪